「包茎手術は痛くない」は嘘 - 包茎手術の不安解消したい!

包茎手術の不安解消したい! > 「包茎手術は痛くない」は嘘

「包茎手術は痛くない」は嘘

よく美容外科などの広告に「包茎手術は痛くない」といったような謳い文句が記載されていますよね。
しかし、結論から言うと、これは嘘です。
包茎手術はほぼ確実に痛みを伴う手術なのです。

なぜほぼ確実に痛みを伴うのでしょうか?
もちろん手術中は痛くありません。
麻酔しないで手術するわけがないですよね。
ほぼ確実に襲ってくる痛みというのは、術後の痛みなのです。
今まで包皮に覆われていた亀頭がさらされるわけですので、パンツなどの衣類と擦れて痛くなるのは当たり前なのです。
もちろん想像を絶するような激しい痛みではなく、歩くのに気になるくらいの僅かな痛みではあります。
しかし術後にこの痛みを全く感じないということは、ある意味亀頭の神経が正常ではないということなのです。

実際に切った場所などに激しい痛みを感じることも、もちろんあります。
しかし泌尿器科などで行われる本当の意味での包茎手術の場合や、美容クリニックで行われ包茎手術の場合でも、そういった術後のフォローもきちんと行ってくれるでしょう。
術後には痛み止めの薬も処方されますし、術後の注意事項をしっかりと守っていればほとんどこのような痛みは感じないことと思います。
ただそれでも異常な痛みを感じるようならすぐに受診しましょう。
ちゃんとした病院ならしっかりと対応してもらえるはずです。

手術を受ける前には術後のケアも含め、納得がいくまで説明を受けることをおすすめします。
残念ながらたくさんある美容外科クリニックの中には手術するだけで術後の対応がしっかりしていないところもあります。
病院選びは一番大切なことではないでしょうか。