包茎手術の後遺症の確率 - 包茎手術の不安解消したい!

包茎手術の不安解消したい! > 包茎手術の後遺症の確率

包茎手術の後遺症の確率

包茎手術を受けた人は、非常に高い確率で後遺症に悩まされます。
というよりも、軽度の後遺症を含めればほぼ確実に後遺症が発症するのです。

ほぼ確実に発症する経度な後遺症とは、亀頭の痛みです。
包茎によってずっと包皮に包まれていた亀頭が露わになるわけですから、パンツなどと擦れて痛みを感じるのです。
しばらくは歩くたびに痛みを感じるようになるでしょう。
しかし時間がたてばだんだんと痛みは軽減されるようになり、いずれはまったく違和感を感じなくなります。
一過性のものなので安心してよい後遺症と言えるでしょう。

問題になるのは出血や化膿などの後遺症です。
これは重大な疾患の引き金になる可能性もありますし、性行為も行えなくなってしまいますので、重大な後遺症と言えるでしょう。
泌尿器科で行われる正式な包茎手術の場合、こういった後遺症が発症しないか経過を見守ることになります。
何回か通院して、経過を観察するのです。
多少面倒ではありますが、包茎という疾患の治療のためなので、我慢しましょう。
美容外科などで行われるいわゆる包茎手術、つまり割礼手術の場合は、こういったフォローをあまりしてくれないことが多いです。
もちろん化膿止めくらいはどこでも処方してくれるでしょうが、逆に言うとそれくらいしかしてくれないことが多いのです。
それを逆手にとって「何度も通院する必要なし!」などと広告に記載していることがありますが、やはりそういったいい加減な対応をする医院で施術を受けることはおすすめできません。

術後のケアは大切です。
後遺症のリスクを少なくするためにも注意事項はしっかり守って何か異常を感じたらすぐに受診するようにしましょう。