包茎手術後の手術跡について - 包茎手術の不安解消したい!

包茎手術の不安解消したい! > 包茎手術後の手術跡について

包茎手術後の手術跡について

包茎手術を受けるにあたって、気になるのは術後ですよね。
場所が場所なだけに、手術跡が残るのは抵抗があります。
しかし、包茎手術を受けた人の多くは手術跡が残ってしまうものなのです。
仮性包茎の場合、もともと見た目のコンプレックスから手術に踏み切る人も多いですね。
せっかく見た目をよくするために包茎手術を行ったのに、手術跡が目立ってしまったら意味がありません。
できることなら手術跡が残らないようにしたいものです。

とはいえ、実際にメスを入れるのですから100%傷跡が残らないことはありえません。
しかし、手術跡を目立たなくする方法はあります。
例えばメスを入れる場所を変えることでも手術跡が目立たなくなります。
通常包茎手術は亀頭周りにメスを入れて亀頭を覆っている皮を取り除くと考えますが、これだとどうしても傷跡が目立ってしまいます。
根元の部分を切り取り皮を引き下げることにより亀頭部分を露出させる手術方法「根部切除法」ならメスを入れる部分が根元のため、陰毛に隠れまったく目立たなくなります。
この方法は仮性包茎の場合には可能ですが、カントン包茎や真性包茎の場合には、包皮輪の締め付けを解除しなければならないため利用できません。

また切り口をきれいに切る、縫い目を細かく縫うなどの丁寧な手術により、手術跡が目立たなくなります。
切り口についてはもちろん技術も関係しますが、レーザーメスの使用はやめたほうがいいようです。
レーザーメスは出血量が少ないというメリットはありますが、熱で焼き切るため軽いやけどのような状態になり、傷跡がきれいになりません。

いずれにしても包茎手術で手術跡が気になるのなら、評判の良い美容クリニックを利用するのが重要なポイントとなるでしょう。