包茎手術の予算について - 包茎手術の不安解消したい!

包茎手術の不安解消したい! > 包茎手術の予算について

包茎手術の予算について

いわゆる「包茎手術」の予算というと、十万円から二十万円、安くても数万円はかかります。
しかし、これは本当の意味での包茎手術の予算ではありません。
本当の意味での包茎手術であれば、こんな高額な予算は必要ないのです。
それは健康保険が適用されるからです。

いわゆる仮性包茎といわれる場合の包茎手術は美容整形と同じように健康保険が適用されませんからすべて自費診療となります。
つまり本当の意味での包茎手術とは、医学的に包茎とされる状態を治療するための手術なのです。
いわゆるカントン包茎や、全く包皮が向けない状態など、男性器として正常な機能を果たせていない場合に行われる手術のみ、ほかの治療と同じように健康保険が適用されることになります。
男性器としての機能が正常ないわゆる仮性包茎や真性包茎などの場合は、医学的にはまったく問題のない状態でありますので、厳密に言うと包茎手術ではなく、単なる割礼ともいえるのです。

本当の包茎手術は保険適用された低予算で、泌尿器科において行われる手術となります。
ただしこのような保険適応の包茎手術はあくまでも治療ですから、機能の改善のみを考えて手術を行います。
ですから手術跡をきれいにするのは二の次と考えている病院が多いようです。
機能の改善がもちろん第一の目的ですができれば見た目にもきれいな状態にしたい、手術跡がなるべく目立たないようにしたいと考えるなら美容整形や包茎手術専門のクリニックなどのほうがおすすめです。
この場合、保険適用外となってしまうため、カントン包茎や真性包茎の手術では仮性包茎手術よりもさらに高額となってしまいます。