包茎のコンプレックス - 包茎手術の不安解消したい!

包茎手術の不安解消したい! > 包茎のコンプレックス

包茎のコンプレックス

包茎にコンプレックスを感じている人は多いですが、実際のところ、そういった人たちのほとんどが本当の包茎ではありません。
包茎というのはそもそも包皮がめくれないほどに包皮輪が狭かったり、癒着してしまっている場合を指します。
こういった状態だと男性器として正常に機能しなくなってしまうので、包茎という疾患として扱われるのです。
このような本当の包茎の場合は泌尿器科で保険適用の手術を受けることが可能となります。

しかしこのような本当の包茎は日本人男性の1パーセント程度なのです。
つまり、100人に一人しか本当の意味での包茎はいないのです。
男性のほとんどはいわゆる仮性包茎であり、これは実際のところ至って正常な状態ともいえ問題ではありません。
いわゆる真性包茎と呼ばれる人であっても、勃起時に包皮が正常にめくれるのであれば本来包茎とは言えないのかもしれません。

つまり「自分が包茎だ」とコンプレックスを感じている人の大半は、ただの勘違いであるとも言えるのです。
ではなぜこういった勘違いをしている人が多いのでしょうか?
それはやはり、仮性包茎、真性包茎などという俗語が定着してしまっているからでしょう。
こういった俗語によって不必要なコンプレックスを感じて包茎手術を受けようとしても、医学的に不必要な手術となりますので保険適用外となってしまいます。
つまり高額なお金を払い美容外科などで手術を受けるしかないのです。

悪徳包茎手術商法を行う美容外科などでは不必要なコンプレックスや不安をあおって手術を受けさせようとする医院もあります。
十分に注意する必要があるでしょう。