包茎手術のリスク - 包茎手術の不安解消したい!

包茎手術の不安解消したい! > 包茎手術のリスク

包茎手術のリスク

手術というものにはリスクが必ず伴います。
包茎手術の場合も例外ではありません。
包茎手術のリスクとは、具体的に言うと手術失敗のリスク、悪徳包茎手術商法のリスクです。

通常の包茎手術の場合、いわゆる真性包茎、カントン包茎の治療として泌尿器科で行われます。
健康保険も適用される手術ですが、手術である以上、失敗するリスクがあるのです。
流血、膿の発生などが現れることがあるのです。
ただし健康保険が適用されるまっとうな包茎手術であれば、こういった術後のフォローはきちんと行ってくれるでしょう。
ちなみにいわゆる仮性包茎は医学的に何ら問題のない通常の状態ですので、保険適用での手術を受けることはできません。

しかし悪徳包茎手術商法の美容クリニックなどの場合、手術失敗してもきちんとフォローを行ってくれないケースが多いです。
加えて金銭的なリスクも生じることがあります。
料金体系が広告に記載されているものと大きく異なり、施術直前などに数十万円を上乗せされることもあるのです。
さらには「痛みなし」と謳っているにもかかわらず歩くことも困難な激痛に見舞われたり、術後の陰部の形状が明らかにおかしくなったり、さまざまなリスクがあるのです。

こういったリスクを回避するためにも、包茎手術を受ける際には信頼のおけるクリニックを選ぶことが大切です。
インターネットや広告でいわゆる仮性包茎に対して不安を煽ったり、気軽に施術を勧めたりするようなクリニックは、避けた方が良いでしょう。
機能を損なうほどの重篤な包茎でない限り、包茎手術は必ず受けなければならないものではありません。
手術を受ける際にはリスクを十分考慮してよいクリニックを選びましょう。